@Lepak
聴こえない夫婦と聴こえる息子の日記。たまにマレーシア。

ティーセレモニー

中国系ではティーセレモニーがある。

日本で言えば、親戚お披露目といってもいいのかな。

参加するのは両家の親戚と家族だけ。それ以外は参加できない。

ただ、見るのはOK。人それぞれなんだけど、私たちの時は
皆さんに見守れながら、ティーセレモニー。

私たちより年上の人は、お茶をもらって、ジュエリーかアンパオ(祝儀金)を
それぞれ新婦と新郎に渡す。

私たちより年下の人はお茶をあげて、ジュエリーかアンパオを
それぞれ新婦と新郎からもらう。

こういうときは、末っ子が得です(笑)。

私たちは年上の方が多かったので、ジュエリーがたくさんになりました。
(ありがとうございます!)

どれもステキなジュエリー♪
でもね、私の母からもらったジュエリーが一番のお気に入り。

いまいち分からないことが1つ。
年下でも結婚したなら、その人が「あげる」立場になるのか、
「もらう」立場になるのか。

「あげる」「もらう」と色々と話し合って、
年下が「もらう」立場になったようです。

なので、私たちがアンパオを用意して、彼らに渡そうと思ってました。

それがね!彼らからジュエリーを頂いてしまったの!!
ええっ!私たちがあげるんじゃないの?

ダーリンと目を合わせて、お互いに「????」。

もらっておきました。式の後にママに聞いたら、
お互いに「あげる」「もらう」だったんだってー。
そんな大事なこと、早く言ってくださいよ!

そうすれば、私たちも「あげる」準備ができたのに。
結局、家でアンパオをあげましたよ。

これから結婚する人は注意してくださいね。
細かく聞きましょうぉ~。

そのジュエリーたちは、銀行の金庫入りになっちゃいました。
家に置いておくのは危険ということで。(盗まれる)

「これから銀行へ行くからどのジュエリーを持っていく?」

いきなり言うのはやめてくださいよ。
写真を撮って、メモして(銀行でも盗まれたりする)
全部(!)銀行へ持っていきました。

1つか2つ置いてくことも可能なんだけど、決められなくて。
もう、どうにもなれですわ。

使いたいときに、銀行へ行って取り出せばいいんだって。
でも、そのためにはママと一緒に行かなくちゃいけません。
キーをママが持っていて、ママの金庫に私たちのジュエリーを
入れてもらってるので。

何度もお願いするわけにはいきませんなぁ。



スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。