@Lepak
聴こえない夫婦と聴こえる息子の日記。たまにマレーシア。

本の読み聞かせ

私自身、本が好きなので、息子にも好きになってもらいたいなー。

そう思って、赤ちゃんの時から一緒に読んでます。

いろんな本を買っては読んで聞かせてます。
まだ難しい本もあったみたい。それはもう少し待ってみよう。

今のお気に入りは「さるかにがっせん」「ぞうくんのさんぽ」

DSC03059.jpg


2歳から~の本の表紙から

「どの物語を読む?」と聞くとさるかにがっせんの絵を指さします。
(下の部分、木の絵がある)

何度も何度も読まされてます。他のを読もうよーと聞けば、他のを指さす。
でも、さるかにがっせんを良く指さします。「ぺたりぺたり」「すってってーん」という
ような言葉が面白いのかな?

思ったのだけど、この本は最後の「しあわせに暮らしました」がないのです。
私の記憶ではそうだったのに。。文章もちょっと違ってるので戸惑ってしまいます。

さるかにがっせんに「うしのふん」が出てるのです。
昔読んだことのある本ではなかったはず。

物語は1つと思っていたのだけど、地域、地方によって変わるらしい。
そうなのかー。似てないようで似てる物語だから良いかな。

少し長い物語ばかりだけど、どれもちゃんと最後まで聞いてます。
笑う時もあれば、指さす時も。

そうそう、「ぞうくんのさんぽ」の「どっぽーん」を言うようになった気がする!
口の動きでそんな感じ。本当に本ってステキ。

「おやすみなさい・おつきさま」はたまに読んでます。

ああ、本棚が欲しい。。。



スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。