@Lepak
聴こえない夫婦と聴こえる息子の日記。たまにマレーシア。

水事故は怖い

毎年、海で、プールで、川で、お風呂で溺れると記事、ニュースが後立たない。。。

保育士(自宅保育)の勉強をしていた時、
私を含めて生徒みんな、夏の遊びに「プール」と言ってました。

先生は
「プールや海は責任が重すぎるからやらないほうが良い。」

また、子供を預かるには先生1人に子供2~3人が限度らしい。
たしかに!

うちのコンドミニアムはプールがついてます。
浅いプールと深いプールがあって、浅い方は、30センチぐらいかな。

いろんな子供たちや大人たちが遊んでいるのだけど、子供たちだけで遊ぶこともある。
小学高年~幼稚園ぐらいの子供たち。彼らは大人がついていないので私がハラハラしてしまう。

ハヤトと遊んでいてもチラチラと子供たちをみてしまうのです。溺れないかどうか。
それにハヤトも見るから、すごく神経を使います。「責任が重すぎる」のもうなずけます。

ハヤトと遊んでる時は他の子供を見ることができません。
こういうときが「目を離す」ことだね。勉強したことが役に立ってます。

おぼれたとしたらパジャパジャと腕を動かしたりして他の人が音で気づくと思うのね。
だけど、1歳だったらどうなるのかしら?

前にハヤトが滑って水中に入っちゃった時、すぐそばにいたからすぐ出せたけど、
今日は2秒ぐらい水中に。理由は3歩ぐらいの距離で離れてたのです。

ハヤト、水中に入ったら動かなかったのです。ぷく~と浮いてるだけ。
だから、気づきにくいのかしら。。他の1歳児はどうなのかは分からないけど、
ハヤトのように動かない子もいると思うと。。すごく静かだったので怖かった。

水事故は本当に怖い。
公園で遊ぶ方がまだ良いのだけど、ハヤトは水遊びが大好き。
神経を使いながら遊ぶから、私の方が疲れてしまう。

ハヤトの場合は、大人2人がいいわな~。



*「チャイルドマインダー」という資格の勉強をしてました。もう10年以上前です。



スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。