@Lepak
聴こえない夫婦と聴こえる息子の日記。たまにマレーシア。

OKU

OKUとは障害者手帳みたいなもので、バス・電車賃がタダというカード。
今年から半額に切り替わったようで、みんな「タダ」じゃないのかと怒ってる。


そのOKUカードを作るために病院へ。
KLホスピタルといって、バカ広い病院。他の2つの病院も受け付けられるけど、
あたしの場合は、KLホスピタルへ。

今年の1月8日に、そこへいって、聴力検査を受けたいと言ったら、
「本日中は無理。2月5日に来てくれ」と勝手に予約された・・。

んで、今日はその日。
弟③を運転手にして、KLホスピタルへ送ってもらう。ついでに通訳も。
朝の8時に出かけて、渋滞に巻き込まれながら、9時に到着。
駐車場を探し回ったけど、見つからず、病院の外で止めることに。

病院内は病院関係者用の駐車場がたくさん。来院者用の駐車場は??
見当たらない~。 こんなのありえない!!

予約は8時半と、30分も遅れたにもかかわらず、待たせられる。
すぐ出来ると思ってたのに。

そして、無料だと思ってたら60リンギ。高っ
国立病院は無料が多い。無料で出産できるよ~。入院・手術も無料みたい。
結構、マレー系の人が多かった。続いて、インド系。中国系は少なめ。

さて、待つこと3時間。3時間も?! ただの聴力検査なのに・・
そりゃ、待ちくたびれました。

日本よりヒドイよ。日本も待たされるけれど、3時間も??
もう限界です。疲れがドッと。弟は眠いって。

検査約10分。早っ。

さて、あたしの聴力は、どうでしょうか。。
結構下のほうに○と×印が。○が右で、×が左のはず。

くぅー。コピーもらえばよかったなぁ。
疲れてしまって、そこまで頭が回らず、残念。耳鳴りも続いていたし。

あ、聾の人なら知ってるかもしれないけど、検査室って、おもちゃや電車があるよねー。
聞こえたらボタンを押すという検査なんだけど、
正しく押したら、電車が動くやつ。またはウサギちゃんが、笛を吹きながら太鼓をたたいていたり。結構大人でも楽しいかも。

それが、ここではなあんにもないのよ。ただ、ヘッドホンとボタンだけ。つまんな~い。

終わったら、OKUの役所へ。歩いて5分ぐらい。
なんと、受け付けられないって!

なんで? マレーシア人のみだって。外国人はダメとのこと。
または、ICがあれば・・だって。ICは身分証明カードのこと。

ICがもらえるのは、PR(永住権)をもらうとき。
そのPRは10年ぐらいかかると聞いてるのよ。。

マレー系マレーシア人を夫に持つ外国人はすぐもらえるみたい。
マレー系優先の国。

何かと、中国系とインド系はなかなか受理されなかったりする(いろんな面で)から、わざわざイスラム教に入ったりする人も。
国教はイスラム教だから、イスラム教の人も優先されるそう・・。


行って損した。

また、4月も予約(勝手にされた)あるんだけど、行きません。
行かなくてもいいってさ。ただの報告(?)だからだってさ。
そういう予約もあるんだ?

みんな、口揃えて、こういってます。

「だから、国の役所って大嫌いだ。」 

ごもっとも!

でもね・・避けては通れぬ道。 気合入れていくしかない。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。